DeNA・三嶋、まさか…2―2の9回に連発許し3連敗 12日にも自力V消滅

[ 2021年5月12日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA2―4巨人 ( 2021年5月11日    横浜 )

<D・巨>9回1死、若林(左)に右越えソロを打たれる三嶋(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 DeNAの三嶋が2―2の9回に2連発を許し3連敗。1死からフォークを若林に右翼ポール際まで運ばれ、4月22日の中日戦以来となる失点を喫すると、続く吉川にも被弾。失点は今季16試合登板で3度目で複数得点は初だ。三浦監督は「すぐ配置転換ということはない」と守護神への変わらぬ信頼を口にしたが、これで借金14。

 12日も敗れ、首位の阪神が勝つか引き分けで今季41試合目で早くも自力優勝の可能性が消滅する。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月12日のニュース