プロ注目の岐阜第一・岡本がサヨナラ犠飛 2安打2打点で4強進出に貢献 高校野球岐阜大会

[ 2021年4月24日 19:38 ]

春季高校野球岐阜大会準々決勝   岐阜第一5ー4大垣日大 ( 2021年4月24日    岐阜ファミリーパーク野球場 )

<大垣日大・岐阜第一>11回1死満塁、サヨナラの中犠飛を放った岐阜第一・岡本
Photo By スポニチ

 今秋ドラフト候補の岐阜第一・岡本海透(かいと)外野手(3年)が「3番・左翼」でスタメン出場。持ち味の勝負強さを存分に発揮し、5打数2安打2打点の活躍でチームを勝利に導いた。

 0―2の初回1死二塁、左越え二塁打で反撃ののろしを上げ、2―4の8回は先頭打者として右前打で出塁し、同点への足がかりを築いた。勝負を決めたのは4―4で迎えた延長11回だ。

 「打球を外野まで運ぼう。強いスイングをしようと心がけた」

 1死満塁、初球のスライダーを狙い通りに叩くと、打球は中堅へ。サヨナラ犠飛で4強進出に貢献した。

 スタンドでは地元の中日、DeNA、ヤクルト、日本ハムのスカウトが視察した。今秋上位候補・阪口の高校通算21本塁打に対し、岡本も遜色ない19本。中日・近藤真市スカウトは「打席での雰囲気を持っているし、何より振りがいい。ファーストストライクから振りに行ける」と絶賛した。

 入学後、1日300~500スイングで身体を鍛え上げ、胸囲は1メートルを超える。「振ることは徹底しています。チームのレベルも上がっているし、今年は甲子園を狙えると思う」。打線の力を全面に押し出し、学校として38年ぶりとなる夏を目指す。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月24日のニュース