エンゼルス大谷 4試合連続安打 オープン戦12打席目にして初三振も

[ 2021年3月9日 08:22 ]

エンゼルスの大谷(AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷翔平投手(26)は8日(日本時間9日)、アリゾナ州フェニックスで行われたブルワーズとのオープン戦に「3番・DH」で出場し、3打数1安打1得点1三振。オープン戦4試合連続安打と初三振を記録した。打率は・500。

 4回の第2打席に左腕スーターに1ボール2ストライクと追い込まれながらも87マイル(約140キロ)の内角速球を左前打し4試合連続安打。大谷はその後、アップトンの2打席連続となるバックスクリーン超えの本塁打で得点もマークした。

 7―7で迎えた5回の第3打席は右腕ボックスバーガーの内角スライダーに空振り三振。今オープン戦12打席目にして初三振を喫した。

 第1打席は先発右腕ウッドラフの初球97マイル(約156キロ)の直球にバットを折られ二ゴロだった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月9日のニュース