ヤクルト・ドラ3内山壮 目標は古田氏の背番27「偉大な番号。頂けるような選手に」

[ 2021年1月14日 05:30 ]

新人合同自主トレに参加するヤクルト・内山壮(左端) 
Photo By 代表撮影

 ヤクルト・ドラフト3位・内山壮(星稜)が目標にOBで元監督の古田敦也氏を挙げ「自分も打てる捕手になりたい。技術はもちろん、周りから信頼される捕手になりたい」と話した。

 1学年上の奥川と2年夏に「4番・遊撃」で甲子園に出場し、2本塁打を放って準優勝に貢献するなど高校通算34本塁打を誇る。春季キャンプで臨時コーチを務める古田氏がつけた背番号27について「偉大な番号。27を頂けるような選手になりたい」と野望を語った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年1月14日のニュース