九州国際大付 山本―柳川1安打リレーで九州大会進出

[ 2020年10月16日 20:21 ]

第147回九州地区高校野球福岡大会準決勝   九州国際大付3―1西日本短大付 ( 2020年10月16日    福岡県久留米市野球場 )

<九州国際大付・西日本短大付>最後の打者を打ち取り、ガッツポーズする山本
Photo By スポニチ

 九州国際大付が2018年秋以来の九州大会進出を決めた。

 山本大揮(2年)と柳川大晟(2年)のリレーで相手打線を1安打に抑えた。先発した山本は6回に一度はマウンドをエースの柳川に譲って一塁に回ったが、9回に再び登板して抑えてガッツポーズ。「九州大会を決められてうれしい」と話した。

 2年前の秋は県大会決勝で敗れている。楠城徹監督は「2年前は苦い思い出。優勝して(九州大会に)出たいなと思う」と話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2020年10月16日のニュース