Honda 南関東第1代表!プロ注目右腕・小野が今大会初登板 救援1失点も「チームが勝ってよかった」

[ 2020年10月6日 05:30 ]

都市対抗野球・南関東第1代表決定戦   Honda6-5日本通運 ( 2020年10月5日    大宮公園 )

<Honda・日本通運>試合に勝利し喜ぶHondaナイン(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 Hondaは今秋ドラフト候補の150キロ右腕・小野が1点リードの7回に今大会初登板。7球団のスカウトが視察する中で同点に追いつかれたが、最速146キロにフォークを交えて最少失点で切り抜けた。

 第1代表となり「ピンチばかりつくって情けない投球になった。とにかくチームが勝ってよかった」。ヤクルトの橿渕聡スカウトGデスクは「彼の評価ポイントは伸びしろなので」と将来性に期待を寄せた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2020年10月6日のニュース