中央学院大・秋広 オープン戦で3安打 実弟はドラフト候補

[ 2020年9月5日 05:30 ]

オープン戦   中央学院大6―3明大 ( 2020年9月4日    明大球場 )

<中央学院大・明大>3安打と活躍した中央学院大の秋広
Photo By スポニチ

 中央学院大が明大とオープン戦を行い、6―3で白星を挙げた。

 先発した3年生右腕・山崎凪投手が5回無安打1失点と好投。打っては「5番・DH」で先発した秋広涼太内野手(3年)が左に右に3安打。「初球から積極的に振っていくことを意識した」と振り返った。

 実弟は身長2メートルを誇るドラフト候補として今夏大ブレークした二松学舎大付の秋広優人(3年)。「騒がれてびっくりしたが刺激になりました」と話す。兄も1メートル85、85キロと恵まれた体格で、二松学舎大付時代は左の強打者として主力を務めた。
 この日も難しい球に食らいついてしぶとい安打を放つなど高い対応力を見せた。

 千葉県大学野球リーグはコロナ禍で春季リーグ戦が中止。秋季リーグ戦は12日から開幕する。秋広はレギュラー獲りを狙う一方で「4年生はこの秋にかけるものが相当あると思う。サポートできるように、自分も結果を残せれば」と先輩の花道に貢献することを誓った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2020年9月5日のニュース