中日“新鬼門”甲子園で0勝4敗…与田監督 5失点の小笠原に「もっと工夫を」

[ 2020年8月25日 21:29 ]

セ・リーグ   中日1―5阪神 ( 2020年8月25日    甲子園 )

<神・中>初回2死一塁、京田の好守に手を挙げる小笠原(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 中日は連勝が3で止まり、借金返済とはならなかった。

 先発・小笠原が6回5失点。与田監督は「ボール自体は決して悪くなかった。ただ、変化球の制球、真っ直ぐも含めてストライクゾーンで勝負できなかった。追い込んでからもっと工夫をして欲しいところはあった」と指摘した。

 3回は3四球で満塁のピンチを招いて逆転を許しただけに「やっぱりストライクが取れる球種が何か、そういうところをちゃんと考えていかないと」と課題を与えた。

 打線も相手先発・高橋に1点しか奪えず「1、2球目の真っ直ぐをもう少しスイングして欲しかった」と簡単に追い込まれた点を悔やんだ。

 チームは今季、甲子園で0勝4敗。同じく0勝6敗の横浜スタジアムに続く鬼門となりつつある。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月25日のニュース