レイズ筒香、メジャー第1打席はニゴロ 第2打席に死球で初出塁 左腕・柳賢振と対決

[ 2020年7月25日 08:51 ]

レイズ・筒香(AP)
Photo By AP

 レイズの筒香嘉智外野手(28)が24日(日本時間25日)、本拠地セントピーターズバーグでのブルージェイズとの開幕戦に「3番・三塁」で先発出場。初回の第1打席はニゴロだった。

 相手の先発は韓国出身でドジャースから移籍した左腕の柳賢振(リュヒョンジン)。初回2死走者なしの場面でメジャー初打席に立った筒香は、カウント0-1からの2球目、スライダーを引っ掛けて二ゴロに終わった。

 4回の先頭で迎えた第2打席は、右肩付近に死球を受けてメジャー初出塁となった。

 柳とは3月のオープン戦で対戦し、二ゴロと空振り三振に倒れている。

 ブルージェイズは、筒香とDeNA時代に同僚だった山口はリリーフ待機となる見込み。いきなりの対戦が実現する可能性もある。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月25日のニュース