熊本工・森 夏初戦3安打3打点と大暴れ 巨人・脇谷スカウト「片手で遠くまで飛ばせるパワーが魅力」

[ 2020年7月20日 05:30 ]

熊本市内地区2回戦   熊本工11―8熊本国府 ( 2020年7月19日 )

<熊本工・熊本国府>4打数3安打の熊本工・森
Photo By スポニチ

 昨夏の甲子園で2試合に出場し計3安打した熊本工の左打者、4番・森翔太郎内野手(3年)が、この夏初戦も3安打3打点と大暴れした。

 まずは3回1死満塁。内角低めのスライダーに反応。「芯を食っていて、いい感じだった」と、右越えに先制の2点二塁打になった。7点リードの6回1死二塁では中前に適時打。大会2週間前に左足首を痛めテーピングを施して出場。本職の遊撃ではなく三塁だったが、その不安を感じさせない働きだった。

 昨夏に比べ成長したところは、メンタル面という。以前は試合で負けている状況では、落ち着いてプレーができないところがあったが「小さいころから夢だった」と話す甲子園の舞台を踏んで一皮むけた。「余裕ができた。場面、場面で冷静に考えることができるようになった」と結果につなげている。 

 1メートル81、82キロの大型内野手。ネット裏には巨人、阪神、広島、オリックス、楽天、日本ハムの6球団が視察した。巨人の脇谷亮太スカウトは「片手で遠くまで飛ばせるパワーは魅力。将来が楽しみ」と評価した。森本人は進路について未定としつつ「目標はプロ野球選手になることです」と目を輝かせた。

 「一戦一戦、一生懸命やるだけ」と森。次戦もチームをけん引するつもりだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月20日のニュース