楽天・大地 古巣ロッテに強烈恩返し1号3ラン!首位攻防6連戦15点先勝で1差接近

[ 2020年7月1日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天15―4ロッテ ( 2020年6月30日    楽天生命 )

<楽・ロ>2回1死一、二塁、右中間に3ランを放つ鈴木大(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 ダイヤモンドを一周した記憶がなくなるほどの興奮状態だった。今季から楽天にFA加入した鈴木大にとって移籍後初の古巣対決。2回の2打席目。4―2と逆転し、なおも1死一、二塁。代わったばかりの中村稔の初球の直球を迷わず強振した。「完璧でした。100点のホームランが出た」。一挙7得点のビッグイニングを締める右中間への今季1号3ラン。ベンチで仲間から祝福を受けると、何度も拳を握りしめて喜びを爆発させた。

 「シーズンの日程が発表された時に“ここでロッテと試合するんだな”と思ったし、特別な感情はあった。野球人生で忘れられない一日になりましたね」

 本音を言えば、複雑だ。試合前のミーティング。よく知っているはずの元同僚の映像を見ながら、データを頭に叩き込んだ。ロッカーでは昨季、西武から同じFAで加入した浅村に声を掛け「最初の古巣との試合ってどんな感じだった?」と尋ねた。浅村は昨季の西武との初戦で場外アーチを放っており「自分は(本塁打は)ないだろうと思っていて。まさかです」と笑った。

 5点を奪った6回にも2死から遊撃内野安打を放ち、ダメ押しのきっかけをつくっ た。4試合連続マルチ 安打で古巣を苦しめ、首位・ロッテに1ゲーム差に迫る15安打15得点の大勝に貢献。昨オフ、両球団間で移籍が相次ぎ、その象徴が鈴木大だった。三木監督は「いろんなことに対応できるし、何よりも野球に対する真摯(しんし)な姿勢が素晴らしい。イーグルスの大切な選手です」と言った。

 6試合続く首位攻防戦初戦を制したが、鈴木大は浮かれることはない。「ロッテは首位のチームですし、叩かないと上にはいけない。反省しないといけないこともある」。自分が選んだ道を信じて、これからも目の前の相手を全力で倒しにいく。(重光 晋太郎)

 ≪古巣初戦弾は4人目 移籍1号は初≫今季FAでロッテから移籍した鈴木大(楽)が1号本塁打。同一リーグの球団にFA移籍した選手が古巣との初戦で本塁打をマークしたのは
年度 選手(所属) 相手勝敗
94年 駒田(横浜) 巨人 ○ 
94年 落合(巨人) 中日 ● 
19年 浅村(楽天) 西武 ○ 
 に続き4人目だ。過去3人は古巣との対戦前に本塁打を記録しており、古巣相手に移籍1号を記録したのは鈴木大が初めて。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月1日のニュース