宮城、秋田、和歌山、鳥取で独自代替大会の組み合わせ決定

[ 2020年6月27日 05:30 ]

 都道府県高野連が開催する独自代替大会の組み合わせは26日、宮城、秋田、和歌山、鳥取で決まった。

 秋田は7月9日、宮城と鳥取は同11日に開幕。和歌山は7月18日に開幕し、準決勝以降は再抽選が行われる。福岡県は筑後地区のみ抽選が行われ、7月4日に開幕する1次リーグの組み合わせが発表された。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年6月27日のニュース