健大高崎・戸丸主将 甲子園は「日本で一番、野球が楽しめる舞台」

[ 2020年6月11日 05:30 ]

「2020年 甲子園高校野球交流試合(仮称)」実施

ブルペンで下の投球練習を受ける戸丸主将(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 高崎健康福祉大高崎の戸丸秦吾主将(3年)は甲子園を「日本で一番、野球が楽しめる舞台だと思う」と表現。交流試合に「自分たちの高校生活を全うしたい。勝って終わりたい」と意気込んだ。

 センバツ出場は3年ぶりで、夏は5年ぶりの全国舞台を目指していたため、3年生が甲子園の地を踏むのは初めてとなる。青柳博文監督は「まさか甲子園でできるとは思わなかった。選手たちの喜ぶ顔が見られてうれしい」と笑顔を浮かべた。現在検討中の群馬の代替大会も含め、全員3年生で戦う方針。15日から全体練習を再開する。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年6月11日のニュース