西武・松坂が5度目ブルペン 捕手座らせ初の100球超え

[ 2020年2月13日 12:39 ]

西武・松坂
Photo By スポニチ

 14年ぶりに球団復帰した西武・松坂大輔投手(39)が13日、今キャンプ5度目のブルペン入りをした。捕手を座らせて102球。捕手を座らせての100球超えは、今キャンプ初となった。

 途中からは、球団関係者に打席に立ってもらい、実戦に向け機運も高めている。101球目の直球にも力が入り、全投球を見届けた西口文也投手コーチ(47)は「最後の方も力を入れて投げていたね。調整は本人に任せているけど順調。実戦登板も早くなるかもね」と話していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月13日のニュース