DeNA ビスケル特別コーチが指導最終日「メンタル上回れば勝てる」金言授ける

[ 2020年2月13日 17:46 ]

ビスケル氏(左)と話すラミレス監督(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAのキャンプに特別コーチとして参加していたオマー・ビスケル氏が13日、指導最終日を迎えた。ラミレス監督やコーチ陣、選手、スタッフらを前に「温かく迎えていただき感謝しています。いろいろな野球の考え方を教えていただいた」とあいさつした。

 メジャー通算2877安打、ゴールドグラブ賞11度を誇る名遊撃手。4日に合流すると積極的に選手らにアドバイスを送り、2軍キャンプ地の嘉手納を訪れドラフト1位・森らへの指導も行った。

 ビスケル氏は最後に「ここで一生懸命練習したことは必ず試合に出る。いかに練習して試合に持って行って、それを出せば勝てるという心を持てるか。どんなに強い相手とやってもメンタルが上回れば勝てるのが野球というスポーツ。それが一番重要だ」と22年ぶりの優勝を目指すチームに金言を授け、10日間の特別コーチを終えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月13日のニュース