西武ドラ1宮川 実戦は22日の練習試合以降に 蓄積疲労…慎重期してスロー調整

[ 2020年2月13日 12:47 ]

西武・宮川
Photo By スポニチ

 最速154キロ右腕の西武・ドラフト1位、宮川哲投手(24=東芝)の実戦登板が、22日の練習試合・ロッテ戦(高知・春野)以降にずれ込む可能性が高まった。

 宮川はキャンプの疲労が蓄積し、11日から投手陣の通常メニューから外れていた。きょう13日の紅白戦には登板せず、16日に予定の紅白戦も回避することが濃厚。シーズンでの活躍に期待が懸かる即戦力腕は、慎重を期してスロー調整でキャンプを過ごしていくことなった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月13日のニュース