開幕候補の西武・高橋光、最速147キロも新球カットは「まだばらつき」

[ 2020年2月10日 05:30 ]

シート打撃で力投する高橋光(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 ニールとともに西武の開幕投手候補に挙がる高橋光がシート打撃に登板した。打者7人を相手に2本の二塁打を許したが、直球は最速で147キロを計測。

 新球のカットボールを26球中9球投じ「まだばらつきがある。そこ(カットボール)が安定して投げられれば。松坂さんからも“カットはコースを間違わないように”とアドバイスを受けている」と習得を目指す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月10日のニュース