西武・松坂 101球熱投から一夜明け「自分が思っていた通りの張り。いい状態ですね」

[ 2020年2月10日 16:48 ]

ブルペン投球する松坂(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 前日(9日)今キャンプ3度目のブルペン入りで立ち投げを含め101球を投じた西武・松坂大輔投手(39)は、この日は静養に努めた。

 投球直後には「翌日(10日)以降に下半身や肘、肩の張りがどうでるか確認したい」と話していたが、「自分が思っていた通りの張り。いい状態ですね」と笑顔。「今後の投球に関してはまだ決めていません」としたが、キャンプも順調にこなす右腕は、肩の状態を見ながらフリー打撃登板なども探っていく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月10日のニュース