そっくり!DeNAキャンプにムーチョ弟登場 打撃投手のテスト挑戦

[ 2020年2月1日 17:34 ]

<DeNAキャンプ第1クール初日>フリー打撃で投球する中村打撃投手(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAに「ムーチョ」が現れた。打撃投手のテストとして宜野湾キャンプに参加しているのが、中村辰哉さん(24)。ヤクルト・中村悠平捕手の実弟だ。

 「ムーチョ」の愛称で親しまれる兄・悠平さんと顔や話し方がそっくりな中村打撃投手。BC福井でプレーしていたが、昨季限りで現役を引退。「区切りが見えた。今後野球に携わりたいと思って、体が元気なときに選手のサポートをしたいと思った」とNPBの裏方業に興味を持ち、昨秋には奄美キャンプにテスト参加。再びチャンスを得た。

 現役時代は捕手だったが「BCリーグは裏方さんがいないので、選手同士でサポートし合って投げていた」と打撃投手として挑むことにも問題はない。兄からは「簡単な仕事じゃない。しっかりやれよ、と言われました。口数が多い兄貴じゃないので…」と短い言葉で激励を受けたことを明かし「似ているとよく言われるけど、僕の方が田舎者です」と笑った。

 まずは宜野湾キャンプで選手をサポートしていく中村打撃投手は「まず1カ月頑張ります」と気合を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月1日のニュース