中日 大野雄 12球団“最速”の打撃投手に満足「ある程度の質でしっかりストライクを投げられた」

[ 2019年1月30日 05:30 ]

合同自主トレながら早くも打撃投手を務めた大野雄(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日の大野雄が沖縄で行われている合同自主トレで12球団“最速”となる打撃投手を務めた。北谷球場のまっさらなマウンドに一番最初に上がり、初球から直球でいきなり空振りを奪うなど、22球を投げ安打性の当たりはわずか1本。「今日はほぼ全力で投げた。ある程度の質でしっかりストライクを投げられた」と満足そうな表情を浮かべた。

 初球からバットが空を切った打者の松井佑も「速くてびっくりした。体感で140キロ台中盤は出ていた」と左腕の仕上がりの早さに脱帽した。

 キャンプイン前の合同自主トレ期間中に打撃投手として登板するのは異例だが、チームはキャンプ第1クールの3、4日に紅白戦を予定しているため、選手は前倒しで調整している。大野雄は「紅白戦に向けて良い材料となった。結果を求めていきたい」と意欲。見守った与田監督も「本人が今年にかける思いは強い。結果を出してくれると期待している」と昨季、未勝利に終わった左腕のエース奪還を願った。(徳原 麗奈)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年1月30日のニュース