楽天・今江 原因不明の右目疾患でキャンプ地入り見送り 29日に不調訴え「明らかに見え方違う」

[ 2019年1月30日 17:31 ]

楽天・今江年晶
Photo By スポニチ

 楽天の今江年晶内野手が、右目の不調を訴えてキャンプ地入りを見送った。チームは30日、仙台空港からのチャーター便で沖縄・久米島に到着。その中に今江の姿はなかった。

 球団トレーナーによると、29日に右目の違和感を訴えて仙台市内の病院を受診。右眼球中心性漿液性脈絡網膜症と診断された。原因は不明といい、全治も未定。仙台に残り、経過観察の措置をとる。

 一般的に20〜50代の男性に多い疾患で、ストレスや疲労などが原因とされる。今江は29日も楽天生命パークで自主トレを行っていたが「普段とは明らかにものの見え方が違う」と話していたという。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月30日のニュース