ロッテ安田2軍落ち 井口監督が通告「土台つくってほしい」

[ 2018年3月17日 09:44 ]

井口監督(左)と話す安田
Photo By スポニチ

 ロッテのドラフト1位・安田(履正社)が、2軍に降格することが決まった。日本ハム戦の雨天中止が決定した後、井口監督から通達された。オープン戦は13打数1安打2打点、打率・077。高校通算65本塁打のルーキーは「全然、レベルが足りていない。1軍の高いレベルで経験できたのはプラス」と17日に開幕するイースタン・リーグで実戦を重ねる。

 当初、オープン戦は全戦帯同予定だったが、今後は主力の起用が増えることもあり、指揮官が方針転換した。「単発で(1軍へ)上げることはない。土台をつくってほしい」とじっくり育成する考えだ。「強い真っすぐに負けないよう、振り込んできたい」と安田も出直しを誓った。 (福浦 健太郎)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年3月17日のニュース