巨人・岡本 由伸監督母校で覚醒 定位置獲りへ「変わったな、という姿を」

[ 2018年1月22日 05:30 ]

慶大グラウンドでフリー打撃を行い、柵越えを連発した巨人・岡本
Photo By スポニチ

 巨人・岡本和真内野手(21)が、神奈川県横浜市の慶大グラウンドで自主トレを行った。慶大は東京六大学リーグで歴代最多の通算23本塁打を放った高橋監督の母校。岡本は同大OBで同僚の山本の練習パートナーとして訪問し、柵越えを連発した。大学4年当時の指揮官と同じ22歳シーズンを迎える高卒4年目の和製大砲候補が、今季こそレギュラー奪取を目指す。

 左翼フェンスには「KEIO」の文字。岡本の打球はフェンスを軽々と越え、防球ネットに突き刺さった。

 「打球を飛ばすにはパワーが必要。詰まってもしっかり持っていきたい」。慶大出身の山本に誘われ、練習相手として初めて訪問した慶大グラウンド。右翼後方には「由伸ネット」と呼ばれる高さ15メートルの防球ネットがある。94年から4年間在籍した左の強打者対策として、道路に打球が飛び出さないように設置。岡本は「凄さが分かる」と感銘を受けた。

 「歴史を感じる名門のグラウンド。自分が(練習相手として)練習できたこと自体ありがたいし、新鮮に感じた」。そう感謝した右打者の岡本は「由伸ネット」とは逆の左翼へ打ち返した。130スイングで11本の柵越え。今オフから本格導入した上半身の筋力トレーニングの効果はてきめんで、低めの球に体勢を崩されながら最後は左手一本で柵越えを放つ場面もあった。

 右翼には「練習ハ不可能ヲ可能ニス」という慶大の横断幕が掲げられている。山本と交代で約45分間の内野ノックを終えると、ティー打撃30本を5セットに、10球の連続ティー12セットをこなした。約4時間の猛練習で、素振りを含めて500スイングを超えた。

 高橋監督は4年時に東京六大学リーグで歴代最多の通算23本塁打を記録。くしくも、高卒4年目の岡本も同じ年代になった。三塁のレギュラー獲りへ。キャンプも1軍スタートが決まり「しっかりアピールしないといけない。変わったな、という姿を見せることができるようにしたい」。高橋監督の「ルーツ」で行った練習を糧とする。(神田 佑)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年1月22日のニュース