ロッテ平沢 遊撃つかんで「6番は僕じゃないとダメだと」

[ 2018年1月22日 05:30 ]

「はたちの献血」の協力を呼びかけた平沢(中央)と原
Photo By スポニチ

 20歳のロッテ・平沢が千葉県印西市内で「はたちの献血キャンペーン」に参加し、背番号6奪取を誓った。

 小学生の頃から愛着のある同番号は井口新監督が現役時代からつけているが「6番は僕じゃないとダメだと誰もが認めるようになってからつけたい」。ドラフト2位の藤岡裕(トヨタ自動車)との遊撃のレギュラー争いに向け「メラメラです」と闘志を燃やしていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年1月22日のニュース