PR:

清宮 右手親指順調に回復「痛みはない」 4日ぶりスローイングに笑顔

<日本ハム新人合同自主トレ>キャッチボールを再開した清宮                                     
Photo By スポニチ

 右手親指の痛みで一部別メニュー調整を行っている日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(18=早実)が22日、4日ぶりにスローイングを再開した。

 約20メートルの距離でのキャッチボールでは「6、7割くらい」の力で送球。その後のノックでも前日は控えていたスローイングでネットに向かって次々と投げ込んだ。

 久しぶりのキャッチボールに「指は大丈夫。(痛みは)ないです。やっぱり楽しい」と笑顔で順調な回復ぶりを強調した。

[ 2018年1月22日 13:39 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:05月21日09時〜10時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム