ロッテドラ2藤岡裕 21年ぶり“快挙”へ「競争し、勝ち残った選手が」

[ 2018年1月14日 05:30 ]

ロッテのドラフト2位・藤岡裕(右)は新人合同自主トレ初のロングティーで快音を響かせた
Photo By スポニチ

 ロッテドラフト2位の藤岡裕(トヨタ自動車)はロッテ浦和球場で新人合同自主トレ初のロングティーを行い、58スイングで柵越え6発を放った。

 「思ったよりも振れました」。強肩強打の開幕スタメン候補。実現すれば球団の遊撃手では97年の小坂(現2軍内野守備・走塁コーチ)以来21年ぶりで「競争し、勝ち残った選手が出られる」と力強かった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年1月14日のニュース