小兵1メートル70DeNAドラ1東 目指すは燕・石川さん

[ 2018年1月14日 05:30 ]

初めてブルペン入りした東
Photo By スポニチ

 DeNAのドラフト1位・東(立命大)が、午前11時30分に横須賀市内のベイスターズ球場で行われた新人合同自主トレで初めてのブルペン入り。捕手を立たせて30球を投げ込み「指にかかったボールはしっかりスピンがかかっていた」と納得の表情を浮かべた。

 即戦力左腕は持ち味である制球力の高さをアピールし、開幕ローテーション入りを目指す。身長は1メートル70と小柄だが「背が高く、手が長い選手よりも制球がしやすい。私生活では背が高い方がカッコいいですけどね」と笑った。目標に掲げたのは通算156勝のヤクルト・石川だ。1メートル67の同じ左腕。東は最速152キロの本格派で「タイプは違うけど、身長の面で似ている。あれだけ活躍されているので」と話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年1月14日のニュース