阪神、意地の引き分け 広島の優勝決定を阻止

[ 2017年9月14日 22:04 ]

セ・リーグ   阪神2―2巨人 ( 2017年9月14日    甲子園 )

<神・巨>1回2死二、三塁、大山が左前へ2点適時打を放つ 
Photo By スポニチ

 セ・リーグ2位の阪神は巨人と延長12回2―2で引き分け、DeNAを下しリーグ優勝へマジック1とした首位・広島のこの日の優勝決定は阻止した。

 阪神は初回2死二、三塁から5番・大山の左前適時打で2点を先制。2回以降は巨人の先発・菅野から追加点を奪うことはできなかったが、守備で先発の秋山を守り立てた。

 4回は1死一塁から坂本の大飛球をセンターの俊介がフェンスに体をぶつけながら好捕。6回には1死二塁から坂本のファウルフライを一塁の大山が好捕し、さらに二塁からタッチアップを狙ったマギーを三塁で刺し、併殺でピンチを逃れた。

 秋山は13勝目は逃したものの、6回を4安打無失点の好投。8回に3番手の桑原が1点を失い、9回にはドリスが1点を失って同点に追いつかれたものの、10回はマテオが3者凡退、11、12回は石崎が完璧に抑え込んだ。

 巨人は先発の菅野が初回に2点を失いながらも、2回以降は7回まで無失点に抑える粘りの投球。打線は7回に3連打で1点を返したが、なお1死一、二塁でマギーが投ゴロ併殺。9回は1点を返し、なお2死満塁のチャンスに宇佐見が空振り三振に倒れて勝ち越せず。延長ではチャンスさえつくれなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年9月14日のニュース