インディアンス ア・リーグ新21連勝 フランコナ監督「特別な気分」

[ 2017年9月14日 09:40 ]

21連勝に歓喜するインディアンズファン
Photo By AP

 米大リーグ、インディアンスが13日、本拠地クリーブランドで行われたタイガース戦に5―3で勝ち、21連勝でア・リーグ記録を更新した。メジャー公式サイトは、フランコナ監督の「選手たちは楽しんでいると思う。本当に特別な気分」との言葉を伝えた。

 試合は先制された直後の一回、ブルースの3ランで逆転。3点リードの6回に先発クレビンジャーが1点差に迫られたが、リーグ随一の救援陣が無失点リレーで逃げ切った。

 同サイトによると、21連勝は1935年のカブスに並ぶメジャー2番目の長さで、大リーグ記録は16年のジャイアンツの26連勝(1分けを挟む)。ブルースは「10月に戦っているような気分。気持ちよく勢いに乗っている」と語った。

 AP通信は「日食よりも記憶に残る、一生に一度の瞬間」を見るために、地元ファンが詰め掛けたと報じた。平日のデーゲームにもかかわらず、観客は約2万9千人。48年以来のワールドシリーズ制覇へ、ムードは最高潮に達している。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年9月14日のニュース