広島の優勝決定は持ち越し 最短で16日に37年ぶり連覇決定

[ 2017年9月14日 22:16 ]

マジックを1として、笑顔でハイタッチをかわす広島ナイン
Photo By スポニチ

 首位の広島が5―4でDeNAに勝ち、2位・阪神が延長戦の末に巨人と2―2で引き分けたため、広島のマジックは1つ減って「1」に。15日は試合がないため、広島の優勝決定は16日以降に持ち越しとなった。

 16日にホームでヤクルトと対戦する広島は、勝つか引き分けるかで阪神の結果に関係なく37年ぶりのセ・リーグ連覇が決定。ヤクルトに敗れたとしても、阪神が中日戦で負けるか引き分けで広島の優勝が決まる。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年9月14日のニュース