DeNA 12失点大敗…4位転落 2年連続CSへ正念場

[ 2017年9月14日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA4―12広島 ( 2017年9月13日    マツダ )

<広・D>初回から大乱調の飯塚(右)に厳しい表情のラミレス監督
Photo By スポニチ

 DeNAは今季ワーストタイの12失点と投壊し、巨人に抜かれ5月29日以来の4位に転落した。

 先発の飯塚が初回6失点でKOされ、救援陣も再び6回に6失点。飯塚は出場選手登録を抹消することが決まった。「初回がターニングポイントだった。飯塚は直球が悪く、フォークを多投して打たれた」とラミレス監督。ただ筒香が16試合ぶりに3安打するなどクリーンアップはそろってマルチ安打。「打線は前向きに考えている。明日のゲームを集中して勝ちにいくだけ」と指揮官。2年連続CS進出へ、正念場が訪れた。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年9月14日のニュース