走路ふさいだようにも…ロッテ コリジョン適用ならず好機潰す

[ 2016年4月4日 05:30 ]

<オ・ロ>5回、一塁走者・田村の本塁クロスプレーでタッチアウトとなるが、走路妨害の抗議でビデオ判定となる。捕手・山崎勝

パ・リーグ ロッテ1―3オリックス

(4月3日 京セラD)
 「コリジョンルール」の適用はならず、ロッテは逆転の好機をつぶした。

 0―1の5回1死一、三塁から中村の左翼線二塁打で三塁走者の井上に続き、一塁走者の田村も本塁を狙ったが憤死。この時、送球が三塁側にそれ、捕手・山崎勝が捕球の際に走路をふさいだようにも見えた。審判団はリプレー検証したが、判定は覆らず。伊東監督は「捕手の足が(走路の方に)動いたように見えた。難しいね」と首をかしげた。結局、1点止まりで3連勝はならず「ルールだからしようがない。福岡で頑張る」と、5日からのソフトバンク3連戦(ヤフオクドーム)へ切り替えた。

 ▼ロッテ・細谷(無安打で4試合連続三塁打のプロ野球タイ記録ならず)駄目でした。(9回の右飛が)抜けていても2点差なので二塁で止まったと思う。

 ▼ロッテ・スタンリッジ(7回8安打3失点で2敗目)糸井選手の一打が全て。向こうが一枚上手だった。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年4月4日のニュース