呉昇桓 メジャーリーグへ移籍!カージナルスとの契約に合意

[ 2016年1月11日 08:40 ]

メジャー移籍が報じられた呉昇桓

 米国のスポーティングニューズは10日、昨年まで阪神でプレーした呉昇桓投手(33)がメジャーリーグのカージナルスと契約に合意したことを報じた。身体検査を経て、11日(日本時間12日)にも球団から正式発表されるという。なお、契約の詳しい内容は明らかにされていない。

 呉昇桓は韓国プロ野球で通算277セーブをマーク。2014年からは阪神へ移籍し、2年間で通算80セーブを挙げた。カージナルスのクローザーには、ここ2季連続で40セーブ以上を記録しているトレバー・ローゼンタル投手(25)がおり、呉昇桓はセットアッパーを任される見込みだという。

 海外で違法賭博に関わったとして韓国で検察から取り調べを受けていた呉昇桓は昨年12月11日、阪神から残留交渉が打ち切られた。

 同30日、元ヤクルトの林昌勇(イム・チャンヨン)投手(39)とともにソウル中央地検から略式起訴され、ソウル中央地裁から罰金700万ウォン(約71万円)の略式命令が出されたと、韓国メディアが報じた。

 常習的ではなく暴力団の関与も確認できなかったことから比較的に軽い処分となったもよう。呉昇桓は弁護士を通じ「心から反省している」とのコメントを発表した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年1月11日のニュース