ロッテに球界初70歳打撃投手!池田重喜寮長 ギネス申請も

[ 2015年12月30日 05:30 ]

来季70歳を迎える池田寮長兼打撃投手

 ロッテに、球界初となる「古希の打撃投手」が誕生する。池田重喜寮長(69)が、来季も打撃投手を務めることになった。来年5月1日に70歳となるが「感慨深いものもある。古希になった喜びと、ユニホームを着て投げられる喜びを感じながら、これからも投げたい」と意欲を語った。

 池田寮長は68年に大洋(現DeNA)に入団し、71年からロッテでプレーした。通算7年間で155試合に登板し、13勝12敗。現役引退後はトレーニングコーチを務め、00年から寮長、11年から打撃投手を兼任している。「ずっとボールを投げてきた。投げた量では誰にも負けていないんじゃないかな」と言うように、自慢の制球力は健在だ。

 「池田さんは球団の大切な財産。70歳での打撃投手は、野球界広しといえども聞いたことがない。世界を見ても類のないことで、これは池田さんの努力のたまもの」と山室晋也球団社長。球団関係者によると、ギネス申請も検討しているという。(重光 晋太郎)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年12月30日のニュース