ヤンキース レッズからチャプマン獲得!出場停止の可能性も…

[ 2015年12月30日 05:30 ]

チャプマン(AP)

 ヤンキースは28日(日本時間29日)、レッズからアロルディス・チャプマン投手(27)をマイナー4選手とのトレードで獲得した。最速105マイル(約169キロ)左腕の加入で、今季36セーブの左腕ミラ、防御率1点台の右腕ベタンセスの強力な「3本の矢」が完成。今季救援投手で100奪三振以上は大リーグ全体でこの3人だけで、右肘遊離軟骨除去手術明けの田中ら、体調面に不安を抱える先発陣に、最強の援軍が加わった。

 しかし、ブライアン・キャッシュマンGMが「深刻な問題があるのは確か」と話すように、懸念材料もある。チャプマンは恋人と口論の末、駐車場に銃弾を発砲した騒動が明らかになり、今月上旬にドジャースへのトレードが破談に。大リーグ機構が家庭内暴力(DV)疑惑について調査中で、出場停止処分が科される可能性もある。一方で、来季40試合以上の出場停止処分を受ければ、本来は来季終了後に取得できるFA権が1年先送りされ、ヤ軍は2シーズン保有できるメリットもある。処分が不透明な中、リスク覚悟で獲得した左腕が、名門復活を狙うヤ軍の救世主となれるか。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年12月30日のニュース