由伸監督 慶大後輩に容赦なし!仮契約ドラ5山本に“しごき予告”

[ 2015年11月13日 05:30 ]

東京ドームを背に、ガッツポーズを見せる山本

 巨人の高橋新監督が、東京都内のホテルで行われた後輩の入団交渉の場にサプライズ登場した。ドラフト5位で指名された慶大・山本が、契約金4000万円、年俸800万円で仮契約。会見後、控室に戻ると突然の訪問に「びっくりしました」と目を丸くした。

 慶大から巨人に入団するのは、自身が98年に入団して以来18年ぶり。宮崎キャンプから一時帰京中の指揮官は球団行事の合間を縫って会場に駆けつけた。50メートル6秒0の俊足と遠投115メートルの強肩を誇り、走攻守三拍子そろったイケメン遊撃手の印象を「凄く真面目な子」と語ったが、後輩だからと容赦はしない。「“先輩、後輩になるので逆に厳しくなるかもしれないよ。それくらいの覚悟はしておいてよ”と言いました」と笑った。「しごき予告」は期待の表れにほかならない。

 山本も指揮官の激励に応える覚悟はできている。「先輩が監督というのは光栄だけど、他の選手と変わらず新人としてしっかりやっていきたい」。目標は同じ遊撃手で、通算3465安打を誇る元ヤンキースのデレク・ジーター氏。背番号が「56」に決まり「夢や感動を与えられる選手になりたい」と目を輝かせた。

 宮崎での秋季キャンプでは自らノックを打つなど熱血指導を行っている高橋監督は「今、宮崎で若い選手も厳しくやっている。井端も引退したし、(山本にも)そういう競争に加わってほしい」と言った。今季限りでユニホームを脱ぎ、自身と入れ替わりで入団してきた後輩を厳しく指導し、一流に育て上げる。 (渡辺 剛太)

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2015年11月13日のニュース