NPB 誤審認め謝罪、甲子園での三塁打は本塁打 訂正せず

[ 2015年9月14日 15:52 ]

12日阪神戦の延長12回1死、田中の打球はフェンスを越えたように見えるが…

 日本野球機構(NPB)は14日、12日の阪神―広島20回戦(甲子園)でビデオ判定の結果、三塁打と判定された打球は本塁打の誤りだったと発表した。試合は2―2の引き分けで成立しており、記録の訂正は行わず、関係者に謝罪した上で再発防止に努める。2010年に導入されたビデオ判定で誤審を認めるのは初めて。

 延長12回、広島の田中の打球は中堅フェンス際で大きく跳ね返った。審判団はビデオ判定でフェンスを越えていないと判定。だが、広島の求めで当該審判員とセ・リーグの杵渕和秀統括、NPBの友寄正人審判長が映像を再検証した結果、打球はフェンスを越えて跳ね返ったと判断した。杵渕統括は「審判員の思い込みが大きな原因。先入観を持たずにビデオ判定することを徹底する」と説明した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2015年9月14日のニュース