ニデック 8強!中西が好救援「全員野球で優勝を」

[ 2015年9月14日 05:30 ]

<ニデック・パナソニックエコソリューションズ津>5回無失点と好リリーフを見せたニデック・中西

全日本軟式野球大会 ENEOSトーナメント第2日・3回戦 ニデック1―0パナソニックエコソリューションズ津

(9月13日 四日市市営霞ケ浦第1野球場ほか)
 8会場で2回戦16試合と3回戦8試合が行われた。前回優勝のSECカーボン(京都)は3回戦で和合病院(愛知)を1―0で撃破。このほか一昨年、準優勝のスリーボンドファインケミカル(東京)、ニデック(愛知)などがベスト8に駒を進めた。14日は準々決勝4試合が行われる。

 ニデック(愛知)の中西がナインを背中で引っ張った。2回戦は1点ビハインドの展開で救援登板。5回を無失点に抑え逆転勝ちに貢献すると、続く3回戦は0―0で迎えた7回から再び5回を投げ無失点。チームをベスト8に導く原動力となった。岩瀬希久也監督が「大黒柱」と絶対の信頼を置くチーム最年長右腕は「全員野球で優勝を」と次戦に気合を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年9月14日のニュース