楽天・小山伸 2軍戦で術後初登板1回0封 4月に右肩手術

[ 2015年8月4日 14:52 ]

 右肩関節唇損傷のため、4月に内視鏡手術を受けた楽天・小山伸一郎投手(37)が4日、イースタン・リーグのヤクルト戦(コボスタ宮城)で術後、初登板した。

 6回からマウンドに上がり、藤井に二塁内野安打を許したものの、後続を断ち、1イニング9球を投げ、無失点。最速は138キロだった。

 球団創設時からの唯一のメンバーである小山伸は、08年から5年連続50試合登板を果たすなど、救援投手として長年チームを支えてきた。

 今年4月14日に千葉県内で右肩の手術を行い、これまで2軍でリハビリを続けていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年8月4日のニュース