ロッテ本社の京大OB研究者 田中に共同開発ラブコール

[ 2014年12月13日 05:30 ]

ロッテの工場を訪れ先輩にあたる研究員の土井敏弘さん(左)と写真に納まる田中

 ロッテ浦和工場の見学では、田中に京大OBの研究者から「共同開発」のラブコールが送られた。

 キャンディーの研究、開発に携わる土井敏弘さん(36)は京大農学部を2003年に卒業。後輩のロッテ入団を心から喜んでおり「スポーツマン向けのキャンディーを開発したい。スポーツと科学が一体となった話題になるような商品を一緒に開発できる日を夢見ている」と声を掛けた。このオファーに、田中は「将来的にアドバイスができるような選手になりたい」と快諾。出来たての「コアラのマーチ」などを頬張り「凄くおいしかった。(工場の中は)普段なかなか見られないので面白かった」と笑顔だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年12月13日のニュース