DeNA 小林寛 最悪、登録抹消も 左脇腹痛める

[ 2013年9月2日 06:00 ]

<ヤ・D>緊急降板したDeNA・小林寛

セ・リーグ DeNA2-1ヤクルト

(9月1日 神宮)
 DeNAの先発・小林寛が3回を投げ終えたところで左脇腹がつったため降板。2日に横浜市内の病院で精密検査を受ける。

 藤井が左肘痛、須田が右肘の炎症でともに出場選手登録を抹消されており、先発の台所事情が苦しい。そんな中で救援から配置転換された小林寛の緊急降板に、友利投手コーチは「途中経過だけど脇腹をつったということ。最悪、(出場選手登録)抹消になる」と渋い表情だった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年9月2日のニュース