前田智 鬼の形相で新人左腕に歩み寄る 死球骨折で長期離脱必至

[ 2013年4月24日 06:00 ]

<ヤ・広>8回2死一、二塁、左手首に死球を受ける広島・前田智は骨折が判明

セ・リーグ 広島1-3ヤクルト

(4月23日 神宮)
 広島の代打の切り札、前田智徳外野手(41)が、23日のヤクルト戦(神宮)で左手首に死球を受け途中交代。都内の病院で検査を受け「左尺骨骨折」と診断された。全治は不明だが、長期離脱は避けられない状況となった。

 骨折を自覚したからこその激高だったか。8回2死一、二塁。代わったばかりの3番手・江村がカウント2―2から投じた6球目、137キロストレートが左手首を直撃した。痛みに顔をゆがめ、患部を右手で押さえながら、鬼の形相で新人左腕に歩み寄った。

 実はカウント1ボールからの2球目変化球も、きわどいインコースを突き、バットのグリップに当たっていた(判定はファウル)。そんな伏線があり広島ベンチの怒りは頂点に達した。両軍ナインがグラウンド上に駆け出し、一触即発ムードが漂う中、古沢投手コーチがヤクルト・荒木投手コーチの胸を突き、退場処分となった。そして病院に向かった前田智のレントゲン検査は、最悪の結果だった。

 エース・前田健が右上腕三頭筋筋膜炎で、4番・エルドレッドは右第5中手骨骨折で、21日に出場選手登録を外れたばかり。主砲を欠く打線は先発・村中に対して再三好機を築くものの、あと1本を欠いた。

 そんなチーム状況の中で、今季9打数4安打4打点を誇った切り札が骨折離脱となると、チームがかぶるダメージは計り知れない。赤ヘルの試練はどこまで続くのか…。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年4月24日のニュース