亜大・山崎 ドラフト候補杉浦に投げ勝つ!初完投完封

[ 2013年4月24日 06:00 ]

<亜大・国学院大>亜大・山崎は散発4安打で初完投を完封で飾る

東都大学野球第3週第1日 亜大1―0国学院大

(4月23日 神宮)
 1回戦2試合が行われ、亜大が国学院大を1―0で下し先勝。山崎康晃投手(3年)は9回4安打でリーグ戦初完投を完封で飾った。駒大は中大のエース左腕・島袋洋奨投手(3年)を下位打線の2者連続本塁打で攻略し、開幕3連勝を飾った。

 初めて1回戦のマウンドを任された亜大・山崎が、散発4安打で初完封。今秋ドラフト候補の杉浦に投げ勝ち「最後まで投げる気持ちが強かったので、自信になった。持ち味の直球で勝負できた」と喜んだ。1年時に寮の同部屋だった東浜(現ソフトバンク)から教わったというツーシームを武器に6奪三振。「東浜さんには野球に取り組む姿勢などいろいろと教えてもらった。東浜さんの抜けた穴を埋めたい」と4連覇に向けて意気込んでいた。

 ▼国学院大・杉浦(1失点完投も今季初黒星)亜大とは1点勝負と思っていた。申し訳ないです。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年4月24日のニュース