斎藤 楽天で入団会見「まだ夢のよう。これまでの入団とは違った興奮」

[ 2013年1月8日 17:42 ]

 大リーグから8年ぶりの日本球界復帰となる楽天の斎藤隆投手(42)が8日、仙台市のKスタ宮城で入団記者会見を行い、「チーム、球団の方々とともに、チャンピオンフラッグがたなびくところを夢見て、一歩一歩、イーグルスの一員として歩んでいきたい」と一つ一つの言葉に思いを込めるように話した。

 仙台市出身の斎藤は、地元の球団へ移籍することを「まだ夢のよう。これまでの入団とは違った興奮を感じている」と喜び、立花陽三球団社長は「野球に対する思いをチームに伝えてほしい。彼を中心にまとまり、ことしは何としても優勝したい」と期待を寄せた。

 斎藤は東北福祉大から1992年に大洋(現DeNA)に入団し、2006年にドジャースへ移籍。07年には39セーブを記録するなど活躍し、オールスター戦に出場した。ダイヤモンドバックスに所属した昨季は16試合の登板にとどまったが、メジャー通算で21勝15敗84セーブ、防御率2・34をマークしている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年1月8日のニュース