ヤクルト・ドラ4の江村が元日婚 入寮選択で新婚生活はお預け

[ 2013年1月8日 06:00 ]

入寮したヤクルト・江村はボードに印を付ける

 ヤクルトのドラフト4位左腕・江村将也投手(25=ワイテック)が、元日に結婚したことが7日、分かった。お相手は広島市在住の24歳の会社員で、社会人時代に「一目ぼれで」交際を開始。2年間の交際を経て1日に2人で広島市安芸区役所に婚姻届を提出したが、甘い新婚生活はしばらくはお預けだ。

 西武のドラフト1位右腕・増田(NTT西日本)ら妻帯者は新人でも入寮を免除される場合が多いが、江村は他の新人6人とともに入寮する。球団から「一通りの流れが分かってからの方がいい」と助言を受け、新妻に相談すると「野球でご飯を食べていくんだから好きなようにやっていい」と背中を押されて入寮を決意した。

 「投げている試合を見たことがない」という新妻を1軍の登板試合に呼ぶことが当面の目標で、寮には愛妻の写真も持ち込まずに野球漬けの生活を送る。佐野日大では巨人・沢村の1学年先輩で、鋭いスライダーを武器とする即戦力左腕。今季終了後にも予定する挙式に向けて、1軍入りを猛アピールしていく。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2013年1月8日のニュース