武田勝、連敗止められず「非常にもったいない」

[ 2012年7月3日 22:21 ]

パ・リーグ 日本ハム3―6オリックス

(7月3日 京セラD)
 日本ハムの武田勝が4回に5連打を浴びて4失点と突如崩れ、チームと自身の連敗を止められなかった。6回を投げたうち、安打を打たれたのはこの回だけだっただけに「非常にもったいない」と悔やんだ。

 1死から初安打を浴びると、続く後藤に2ランを許した。「早くアウトが欲しいという感覚だった」と攻め急ぎ、さらに3連続長短打で2点を失った。4月29日を最後に白星から遠ざかっている左腕は「ボール球から入るなど、考えながらいくべきだった」と反省しきりだった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年7月3日のニュース