松井 2回で交代「脚がつったような感じ」DL入りは…

[ 2012年7月3日 13:08 ]

ヤンキース戦の2回、ジーターのファウルフライを追った後、左太もも裏を痛めたレイズ・松井

 レイズの松井は2日、セントピーターズバーグでのヤンキース戦に「4番・右翼」で出場したが、打席に1度も立たずに交代した。

 松井は2回表の守備で、ファウルを追った際に左太もも裏を痛めて2回に代打を送られた。

 6月23日のフィリーズ戦以来となる右翼で先発出場だったが、「走っている時に脚がつったような感じになった」と松井。初回は右翼線の飛球の目測を誤り、先制点を許しており、出場機会が少なくなっていただけに守備は無難にこなしたいところだったが、アクシデントに見舞われた。

 故障者リスト(DL)入りについては「そこまでないと思っている」と否定したが、首脳陣は今後様子を見て決めるという。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年7月3日のニュース