強攻策失敗も…栗山監督「後悔してない」

[ 2012年7月3日 22:54 ]

パ・リーグ 日本ハム3―6オリックス

(7月3日 京セラD)
 日本ハムは中盤まで再三好機をつくりながら、攻めきれなかった。

 2回は連打で無死一、二塁としたが、この日1軍に昇格した鵜久森が平凡な中飛で走者を進められずに流れを逸した。強攻策を採ったことに栗山監督は「何のために淳志(鵜久森)を呼んだのかと思ったし、いろんな状況を考えた。後悔はしていない」と言い切り、連敗にも「ある程度の試合はできている」と前向きに話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年7月3日のニュース