広島助っ人エルドレッド、3日に実戦デビュー

[ 2012年7月3日 06:00 ]

野村監督(左)と話すエルドレッド

 広島の新外国人エルドレッドが3日のウエスタン・リーグ中日戦(由宇)で実戦デビューする。

 本拠地マツダスタジアムで3日間、フリー打撃などに汗を流した巨漢の助っ人は「時差ボケはもう大丈夫」と笑顔。試合への出場は「1週間ぶり」とし「まずは試合のスピードに慣れ、生きたボールを見てタイミングをしっかり合わせていきたい」と意気込んだ。雨予報の天気が心配だが、野村監督は「火、水曜日の2試合の状態を見て(1軍合流可否を)判断する」と話している。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年7月3日のニュース