城島 一塁併用構想に「選手は駒」と理解

[ 2011年12月14日 06:00 ]

 左膝手術からの復帰を目指す阪神・城島を来季、一塁と併用する構想を首脳陣が描いている。

 本人はこの日、長崎県人会のボランティア活動などを同県内で実施。「ふるさとはいいですね」と復活への活力をもらった。ここ2年連続で膝を手術。今季代役を務めた藤井彰、小宮山の成長もあり、一塁との併用案が浮上した。城島は「僕はキャッチャー。それが(チームにとっても)ベストだと思う」としながら、一方で「選手は駒」と、勝利を目指す上では指揮官の思う通りに動くことも選手の務めと理解している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年12月14日のニュース